スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

野外はやはりいいですね

みなさん、こんにちは

一昨日より口内炎が出来てめちゃくちゃ痛いです。塗り薬を塗っても大して変わらなかったので、イソジンのようなウガイ薬を買いうがいしています(情報元は「ためしてガッテン!」)。ネット検索して同じ在仏のみなさんからのブログ情報を頼りに緑のBatadine 10%を入手。有り難やこれです。一日4回うがいすると良いそうです。

P1130928.jpg

さて今朝は久しぶりに野外での蚤の市。今日も良い天気で家の外の方が暖かいぐらいでした。なんと先ほどまで12度!庭で布団干してると、お隣さんがお昼庭で食べてる様子。明日は息子と庭で食べてみようかな。

大きな籠に目が釘付け。丸まったら私入りそうな程大きかったです。何に使うのでしょうか。
P1130918.jpg

P1130924.jpg

P1130926.jpg

ブースは結構多く出ていました。今日も到着は10時とブロカンター失格の遅さですが、色々発見。久々にルクルーゼも見ました。これはDoufeuで24ぐらいでしょうか、大きかったです。中は汚かったので却下。
P1130922.jpg

これは20cmのココットロンドですが、取っ手の形がこの細長いタイプ初めて見ました。
これも中が汚かった上にプロの店舗だったので高かったです。
P1130923.jpg

で、私が今回買った物は食器が多かったです。
今日はどうも気になるものがSt.Amandの物ばかりで、たくさんの刻印を見ました。

まずは、久しぶりにカフェレボウル。2つ同じものです。アイボリーから薄いピンクのグラデーションが綺麗で、結構厚みがあります。1713との刻印があるのですが、これが製作年のことでしょうか?St.Amand製。
IMGP5093.jpg

IMGP5078.jpg

次に見つけたのもカフェオレボウル。ちょっと田舎臭いデザイン。カフェオレよりも牛乳が似合いそうです。薄く7 Sと刻印があるのみ。形から恐らくDigoin&Sarregueminesかなあ。この台のフォルムが好きです。
IMGP5095.jpg

IMGP5084.jpg

それからお皿。これもDigoin&Sarregueminesでしょう。あ、刻印の写真撮るの忘れましたブルーのラインが夏っぽかったの購入。これはピンクのカフェオレボウルと一緒の個人のマダムの所で購入。
IMGP5081.jpg

続いてお皿。これはVilleroy&Bochの”Dalarna”シリーズ
陶器の色が白ではなくて、薄いグレーです。茶色の小花がショコラを乗せるのに良さそうと思わせた一品です。
実はこのようなタイプのお皿はもう10枚ほど持ってて、似たようなのどうしかしなければ...。
IMGP5086.jpg

IMGP5088.jpg

そしてミルクピッチャー。これもSt.Amand。
フォルムと色が気に入って購入。ミルクピッチャーもいくつあるのか数えてません...。
IMGP5089.jpg

IMGP5090_2015030901543630a.jpg

それから、こんな物発見。アニマルヘッドです。私のバイブルと言っても過言ではない雑誌「Marie claire idee」で、たまにこんな飾りを飾っているのを見て、いいな~と思っていました。でも本物は可哀想なので、全く買う気はなかったのですが、これは鹿部分はプラスチック、お皿は木で出来ていたので購入。年代はわかりませんが古い物だそうです。一応France製。

IMGP5098.jpg

最後に見つけたのがこれ。
Ricardの製氷器です。これは比較的新しい、Ricardを購入すると貰えるおまけのようです。
IMGP5091.jpg

他にもVilleroy&BochやSt.Amandのお皿素敵なのいっぱいありました。Digoin&Sarregueminesのティーポットも古いのありましたが、お客さん呼んでティーパーティできるようになったら購入したいと思います。今はちょっと無理

結構色々買って満足。次の予定は再来週。
物が増えると整理も大変なので、日本に帰る時いくつか土産として持って帰ろう。

ではでは、再来週も乞うご期待。
スポンサーサイト
08 03-2015 蚤の市 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://palette951.blog10.fc2.com/tb.php/186-893c0adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。